だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。現在育休中。

入院33〜34日目 32週1日の妊婦健診結果と分割食開始

妊婦健診。

 

まずは赤ちゃん。
男の子1907g、女の子1444g。
女の子変わらず…というか減っている…。でも、元気に動いています!

 

母(わたし)。
頚管長は変わっていないが、子宮口が柔らかくなってきている。あまり好ましくない状態とのこと。
先生がシャワー許可しないとよかったかな…などとブツブツ言っていたので、34週までは浴びなくてよいです、と伝える。浴びたばかりだからか、余裕の発言。

 

体重は妊娠前+12.2㎏
腹囲は89㎝
子宮底長は30㎝

 

 


入院中、腹囲や子宮底長を測るのは妊婦健診の時だけですが、赤ちゃんの推定体重や頚管長なんかは毎週見てもらえます。特に赤ちゃんの体重。増えていたら嬉しいし、あまり増えていなくても、ま、推定だしね!と思えばいいし、毎週楽しみ。

 

 

 


そして分割食開始となりました。
私の分割食のイメージとしては、もともとの3食を少しずつ減らしてもらって、その分別の時間に補食が出る、というものでした。

が。

3食の量はこれまで通りで、「プラス」パンと鉄分の多く含まれるジュースが10時と15時に出てきました。

えー…と…?

これじゃ太りませんかね?と看護師さんに尋ねると、今お母さんは栄養を赤ちゃんにどんどんとられていってしまっているから、食べたほうがよいですよ、とのこと。うそやん。

あたためてもらったパン、嬉しいけど…
ジャムも久しぶりで美味しいけど…

一食を食べられる量に減らしてほしかったな…←貧乏性のため、ご飯を残すことに抵抗があるのです。

…少し様子を見ます。

 

 

そして今日。

午前中のNSTで疲れ果てていたせいか、昼食後ぐうぐう眠ってしまっていました。

よだれが垂れてハッと目がさめると、夫が笑ってこっちを見ていました。(私は以前歯科医に唾液分泌量が赤ちゃんレベルと言われたことがあります。)

今日は30分くらいしか滞在できないのに、10分もただ寝ているところを見られていただけだったなんてショック。話したいことがたくさんあるのに!
でも、いざ話そうとすると何を話したかったのかが思い出せません。まあ、大した話じゃあ、ない。


それから、息子の話をしながら短時間マッサージをしてもらいました。

腰のあたり、靭帯がゆるくなっていそうなのであまり強くはしてもらいませんでしたが、少しの時間さすってもらっていたらその刺激からか、すぐにお通じがありました。便秘は大敵なので助かります。