だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。

菅田将暉くんの映画を観てみた(セトウツミ、男子高校生の日常、ピンクとグレー、ついでに仮面ライダーW)

菅田将暉くんて本当に可愛いですよね。いや、すみません唐突に。

もともとちょっと気になる存在だったのですが、ちょっと前「帝一の國」の宣伝で露出が多かったので一気に心をつかまれてしまいました。結局私も普通の女なのよ。

 

双子が帰ってくる前に、ということで「セトウツミ」、「男子高校生の日常」、「ピンクとグレー」を観ました。

 

 

「セトウツミ」

 

原作の漫画を持っていたので、真っ先に手に取りました。映像化するとあのノリは微妙なものになってしまうのではないかとやきもきしましたが、大丈夫。面白かったです。

菅田君扮する瀬戸のビジュアルが好みだったので、面白くなくたって構いませんでしたけども。

 

横でちらちらと観ていた夫が「え、終わり!?」って言ったくらい山場がないまま終わります。80分もないくらいの短さですし。原作ファンならわかると思いますが、それがいいのよ、ってなもんです。ただだらだら話しているだけのように見えますが、ちゃんとオチはありますし。

 

菅田くんは瀬戸と内海、どっちの役もできそうな気がしました。でも個人的には瀬戸役で嬉しかった。愛すべきアホキャラ。

 

この映画をみた数日後、夫がマックのポテト食べながら「このポテト長ない?」ってつぶやいていたので、とりあえずセリフは心に残るらしいです。

 

 

 「男子高校生の日常」

 

原作は未読。

男子高校生と女子高校生が出てきますが(なんだこの紹介)、私は男子でもないし、あんなに勢いのある女子高校生でもなかったので特に「あるある~」とか「わかるぅ~」とかなかったです。男の子が友達とひたすらあほっぽいことしてて単純で可愛らしいわねフフ、と、お姉さんは思ったわ。フフフ。

(すみません特に感想が浮かばない。地味ですが、野村周平くんとか、あと知らないけど最近の若手イケメン俳優っぽいの出てるし、暇なら見たらいいと思う。)

 

 

 「ピンクとグレー」

 

これは加藤シゲアキの小説が原作ということで、以前から気になっていました。昔、ちょっとNEWS好きだったんですよね。かれこれ10年位前になりますけど。(シゲっていつの間に名前カタカナ表記になったの?)(ていうか本当はちょっとじゃない、遠征しまくってたくらい好きでした)

 

とはいえ、原作は未読です。

ちょっと調べたら、映画は結構アレンジされてるんですね。原作ファンの方たちからしたらどうだったかわかりませんが、私は最後まで飽きずに観ることができました。ただ、「幕開け62分後の衝撃!」というキャッチコピーで、そんなにハードルをあげちゃって大丈夫?皆さんのことがっかりさせちゃわない?なんて、ちょっとお母さん的な心配をしてしまいましたよ。だってシゲだし…

ネタバレになるといけないので色々書くのは控えますが、色々な表情の菅田君が見られます。やっぱり菅田君は演技がうまいと思う。

夏帆ちゃんも、久しぶりに見たと思ったら、何てことしてくれちゃってるの。すごいな。

中島裕翔君の演技を観たのは多分初めて?だったんですけど、後半の方であら、演技悪くないかも、と思いました。ああ、なぜそう思ったかについてもこれやっぱりネタバレしないと書けない…!

 

とりあえず遺書が6通ある意味がわからないだれかおしえて。

 

でも、芸能界の裏側ってあんなに怖いの?アイドルであるシゲが書いてるんだから、多少なりとも現実に近い部分はあるのでしょうか。

 

 

 

 番外編!

仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

 

仮面ライダーWって、菅田君のデビュー作なんですね。

私が入院している間に仮面ライダーシリーズにはまっていた息子。よくレンタルします。いつもは「どれにする?」と息子に選ばせるのですが、今回は「これにしよ。ね。」と私が強引に押し付けました。夫の冷たい視線を浴びてもめげません。

 

菅田君はフィリップと呼ばれている、線が細い少年の役でした。頭の中?に本棚があって、そこに検索をかけることで知識や技術などを取得する、特殊な能力を持っているらしい。何も書かれてない、ページが白い本読んでましたよ。どういうこと。不思議ちゃん過ぎます。菅田君が今よりさらに若くて可愛らしいからいいけど。

 

松岡充とか杉本彩とか須藤元気とか出演していました。フィリップが、杉本彩を自分の母親ではないかと推測して慕うんですけど、その絡みにめっちゃ照れました。だって寄り添ったりしてるし…お母さんと思ってるからだけどなんか…

 

途中で息子が飽きて(結構ソッコーで)、その相手をしながら観たので感想はそんなところ。

 

 

本当は、ピースオブケイクも借りてきてたんですけど、観ませんでした。どーーしても気が乗らなかったのです。ちょっと自分潔癖、っつーか、ジョージ朝倉アレルギーみたいなとこあって。溺れるナイフに至っては手に取ることすらしませんでした。とはいえ、高校生くらいの頃この方の漫画を読んだだけなので、どんな漫画があったかなんて記憶にないわけなんですけども。ああ、すみません。