だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。

数字盤を手作り。ダイソーのものでそろえると540円で出来ました!

f:id:kome-3:20170803041525j:plain

 

現在公文に通っている長男。毎回、「すうじ盤30」というものを楽しそうにやっています。磁石がペタッとくっつく感覚がいいのかな。

 

繰り返し遊ぶうちに30までの数のならびが自然と身につくそうです。市販のものもありますが、見たら税込みで3000円くらいしたので、私が手作りすることにしました。

用意するもの

f:id:kome-3:20170803040441j:plain

・ホワイトボード(300×200mm)

・マグネット(直径20mm)30個←くもんのものはもっと大きいです

・油性ペン

・定規(写真には写っていません)

ペンと定規以外は全部ダイソーです。マグネットは8個入りを4つ購入したので、2個余っちゃいます。

はっ!ペンと定規まで買ったら540円でできないじゃないか。

作り方(所要時間15~20分)

①ホワイトボードに線を入れる

300×200とありますが、ふちを除くともっと小さかったので、3.66mmずつという微妙な幅になりました。

②ホワイトボードに数字を書き込む

③磁石に数字を書き込む(偶数奇数で色分け)

 

f:id:kome-3:20170803041503j:plain

簡単ですね。

今回、同じ色の磁石を使用したかったのですが、近所のダイソーに揃っていなかったので2色を買って偶数奇数に分けてみただけです。

くもんのものは10ずつで色分けしてあるので、その通りに作ろうとすると3色必要になりますが、マグネットが8個入りなので、マグネットがたくさん無駄になってしまうのでやめました。

(ちなみにすうじ盤100は奇数偶数でわけてあったと記憶しています)

手作りを使ってみて

こんな簡単なつくりのものですが、長男は「わー!」と嬉しそうにやっていました。マグネットが公文のものより小さいのでどうかな?と思っていましたが、特に問題なくつまんで貼りつけていました。

ただ、作っているときから心配だったのですが、今はまだ10ずつやりたいのに、これだと30すべて提示された状態になってしまいます。そうすると他の部分が気になって集中できないことがあるんですよね。公文のものは盤が折り返せて10ずつ提示できるのですが。紙で隠したりしてもチラっと見えるとそちらに気をとられますし…。

もう少し集中力がつけば問題なくなると思いますけれども。

 

最後に

質はうん、まあ、そんな感じ。です。耐久性はもちろん公文のもののほうが高いです。おそらくこの自作のすうじ盤は少し使うとマグネットがこすれて数字が消えていきますから(^^;

トップコートを塗っておくといいのかなとも思いましたが、面倒なのでやめました。私はどこまでも中途半端です。

 

 

ダイソーの筆箱もおすすめですよ♪

www.kome3.com