だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。

【体験談】壮絶なるとびひとのたたかい。繰り返すとびひへの最終手段は坊主!

f:id:kome-3:20171006000615j:plain

 

だいたい7月から10月の間で何度も繰り返す、とびひ。

こいつが本当にやっかいなのです。

子供もつらいが親もつらい…。

 

皮膚病の代表格ともいえる、とびひ

f:id:kome-3:20171006000252j:plain

ひとくちにとびひと言っても色々なタイプがあります。

病院ではっきりどのタイプと言われたことはないのですが(言われたりするのかな?)、うちの子は

 

黄褐色かさぶたのようなものができていて、その真ん中あたりがジュクジュクしている

 

という状態のものが多いです。上の写真は水ぶくれっぽく見えますが、これは治りかけでかさぶたがとれている状態です。

 

見た目がちょっと汚らしくて痛々しい。そしてかゆい。

汁が出てきているので、まさに「これ絶対うつるやつやん」ていう感じです。

 

きっかけはあせもや虫刺され。頭や耳、手足…全身に広がった

 

うちの息子の飛び火のきっかけは、あせもや虫刺されであることが多いように思います。

とにかく汗っかきなんですよね。

かゆいところをボリボリかいて皮膚を傷つけて、菌が入り込んで。

そこをかいた指(菌がついた指)で他の場所をひっかけばそこからまた菌が入り込んで新しく膿んできて。

 

手加減なしでかきむしりますから、血も出て汁も出て「もおおおおおお!!!!!」ってなります。

 

とびひになっていると、子供は不機嫌です。
痒くて夜中もしょっちゅうかいてしまっているんですよね。
安眠できなくて、そうなると朝も起きられなくなって。

起こすと不機嫌だし…

 

あと、ひたすら薬を塗ってガーゼで覆って外れないようにテープを貼ってっていう作業が地味に大変なのです。

いやもう単純な作業なんですけれども、こまめにかえてあげなくてはならないので、朝急いでいるときなんかもう本当、きっつい。

 

たまに、親の私たちも精神的に追い詰められて、「もう!かくなってば!!」って大きい声出しちゃったり。

 

反省です。

 

仕方ないのにね。私だって痒いところがあればボリボリかいちゃうよ…。

 

 

とびひの治療

f:id:kome-3:20171006003416j:plain

一気に広がってしまったので、抗生物質を処方されました。

また、パンデル軟膏と亜鉛華単軟膏を混ぜたものを患部に塗るように言われました。

 

 

そして、坊主にしたほうがいいよと言われたので、家に帰ってすぐに、できるだけ短く息子の髪を刈りました。

 

坊主になると、薬が塗りやすくなりました。

それまでは塗ろうとしても髪の毛にひっついてしまっていたのですよね。

 

頭はすごくジュクジュクとしていたのに、そこから短期間で治りました。頭がきれいになっていくのに伴い、体のほうも少しずつ治っていったのです。

 

本当に嬉しかった。

嬉しすぎて「これで治らなかったらまた来てください」と言われたのに、治ったことを伝えたくて病院に行きたくなったくらい。

 

それまで他の皮膚科に通っていたけれど全然よくならなくて、試しにと思って行ってみた病院でした。全然子供がいない皮膚科だったんですけどね。
穴場やないか。

 

とびひを防ぐためにやっていること

・爪を切り、手をいつもきれいに保つこと


・夏は坊主にする

 

・少し怪しいと思ったらすぐガーゼで覆う。病院にすぐ行く。

 

今年の夏も、坊主にしたおかげで頭にはうつりませんでした。

頭が大丈夫だと耳のほうも大丈夫でした。

 

 保育園への登園はしてよいのか

f:id:kome-3:20170915234310j:plain

とびひが流行りだす時期になると、保育園からおたよりがきます。

「とびひの可能性があれば、皮膚科に行き治療をしてください」というものです。

 

うちの保育園は、軽いものはちゃんとガーゼや包帯でおおっておけば登園してもいいようなのですが、一番最悪の状態の時は休ませていました。

 

他の子にうつしてしまうのが怖かったのが一番の理由ですが、保育園に行けば私の目の届かないところでかきむしってしまい悪化するのも怖かった。

かゆみから気を逸らす働きかけをしたり、こまめにシャワーを浴びさせたり薬を塗ったりしてとにかく早く治したかったからです。

 

日本皮膚科学会のHPにも登園の可否についての見解が載っています

とびひ Q18 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

 

とびひの入浴に関して

皮膚科のお医者さんの間でも意見が分かれるようですが、私の行った皮膚科の先生も、気になって読んだ本の中でも、入浴はしてよいとの見解でした。

ただし石鹸は刺激の少ないものを選ぶように言われました。

 

薬の塗り方

先生は、軟膏を舌圧子でたっぷりとって、皮膚にのせるように塗り、ガーゼで覆ってくれました。

 

それを真似して塗っています。

f:id:kome-3:20171006000615j:plain

もっと薬のってたかも

f:id:kome-3:20171006000933j:plain

これだとちょっと雑ですね…。

隙間から指が入ってしまうと無意識にかきむってしまうので、隙間ができないようにきれいに覆います。

2歳児ともなると、本人もかいてはいけないということがわかってはいるので、我慢しようとはしています。

 

もう少し粘着力強めのテープを貼ってつけていたけど、剥すときに痛がるので、我が家ではほどよい粘着力のこのテープに落ち着きました。

 

これかな?↓

パッケージこんなんだったような。

結構高いけど、何本も買って使いました… 

ニチバン 粘着包帯 メッシュポアテープ 50mm幅 5m巻き 1巻

ニチバン 粘着包帯 メッシュポアテープ 50mm幅 5m巻き 1巻

 

 

最後に

上記のことに気をつけていたら、再発はしますけど、悪化させないように対策をしているので、治るまでのスピードは早くなりました。

 

かきむしりすぎて血やうみが付いたシーツやまくらカバーをせっせと洗濯しなければならないことなんかも大変ではありますが、やっぱり子供がつらそうなのが親としては一番つらいです。

(保育園の先生も気が気じゃないだろうなと思うと申し訳ない)

 

本当、こどもって色々あるなあ~(涙)