だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。

里帰り出産中の義両親の訪問って普通?遠方なのに実家まで来るかと思った体験談

産後で里帰り中なのに、義両親が訪問したいと言ってきたら、とにかく困ってしまいますよね!出産したばかりって、まだ身体もしんどいし、これからの育児に不安を抱いてしまうことも多いはず。せっかく実家で気兼ねせずに育児に慣れていこうと思ったのに、義両親が来たら気を遣うし、何かと大変です。

 

今回は、産後で里帰り中なのに、嫁の実家に訪問したがる義両親に困った…そしてどう断ったてよいかとても迷った…というお話です…(´ー`)

 

里帰り出産後の義母訪問エピソード

f:id:kome-3:20180203004957j:plain

(暇さえあれば横になりたい)

 

妹の話なんですけどね。

無事に元気な赤ちゃんが産まれ、実家でのんびりしながら子育てをしようと思っていたのに、夫から義母が訪問したいとのお願いがあったそうです。

義母にとっては初孫だったため、顔を早く見たいんだろうな、と断ることも出来ずに、実家に結局義母が訪問。

実家は電車の本数が少ない遠方だったので、何だかんだと5時間も滞在したそうです。

その後も里帰り中は1週間おきのペースで、義母が訪問して5時間くらい居座るようになってしまいました。

 

ひえ~…

 

産後間もないママさんからすれば、赤ちゃん中心の生活をしないといけないのに、義母が来たらその相手をしないワケにはいかないから、負担が増えますよね。

産後すぐなんて、授乳だけでもものすごく苦労するし、女同士だからと当たり前のように授乳中傍にいられたら…。

うわあ…きっついなオイ…。

その後も空気を読まずに頻繁に実家に来るのも、すごくストレスが溜まるでしょうね…。

 

それに、実家の母も気疲れしたはずです。ただでさえ妹の身の回りの世話と孫の世話で疲れているというのに。

 

妹も、孫の顔を見せてあげたいという気持ちはもちろんあったのですが、産後すぐはどうしてもストレスだったようです。

 

里帰り中の義両親の訪問を断るには?

f:id:kome-3:20180203005014j:plain

(勘弁してください)

 

里帰り中に義両親に訪問してほしくないなら、まず旦那さんに、産後はしばらく安静している必要があるし、赤ちゃんの世話もあるから、と説明して、義両親に訪問しないでほしいことをハッキリ伝えましょう。

やっぱり義両親には旦那さんの方から話してもらった方が、だいぶ断りやすいんですよね。

 

体調が良くなってから改めてこちらから伺います、ということを義両親に先に伝えておくのも良いでしょう。

 

たとえ義両親が、孫の顔をちょっと見るだけ、長居はしないと言っても、訪問をOKしないほうがよいと思います。

1度訪問を許してしまうと、何度も孫の顔を見に来てしまう可能性があるため、気が休まりません。

孫の顔を見たい気持ちも分かりますが、母子が心身ともに健やかでいられるためにも、ちょっと遠慮してもらいましょう。

しぶしぶ会ってもストレスでガルガルしちゃって、旦那さんに八つ当たりすることになるかも…!?( ;∀;)なので、はっきり無理なら無理と伝えましょうね。

ケンカ腰になると「そんなに俺の親に孫の顔見せたくないのかよ…」と夫のほうも不満を持つことになるでしょうから、伝え方は気を付けてくださいねっ!

 

しばらくは人と会わずゆっくりするように助産師さんに言われたの、とか

「ごめん、まじで体起こしとくのも無理なんだわ…全然赤ちゃん寝ない…気が狂いそう眠すぎて」とか言ったら

さすがに旦那さんも協力、理解してくれるでしょう。

 

里帰り中は義母にどのくらい連絡を取るもの?

 

里帰り中は週に1回のペースで、義母に連絡を取ればOKです。

健診に行った日に、赤ちゃんの写真を撮って、それをメールに添付すれば大丈夫ですよ。

メールをしない義母なら、旦那さんの携帯に赤ちゃんの写メを送って、それを義母に見せてあげるようにしましょう。

 

連絡もあくまでママさんの無理のないペースでいいと思います。

 

旦那さんが来た時に短時間だけビデオ通話をする、もおすすめです。

身なりを整えるのも面倒なので、事前に旦那さんに「私の顔を写さないでよね!」と釘を刺しておきましょう。孫の顔を見せながら話すだけでも大丈夫ですよ^^

 

まとめ

義両親が里帰り中の実家に訪問すると、ママさんは精神的にも肉体的にも負担がひどくなります。

訪問したいと言ってきても、体調を理由に断って、旦那さんからも、改めて伺うことを説明しておいてもらうようにしましょう。

義母への連絡も、だいたい週に1回すればOK。

 

しばらくはお母さんも赤ちゃんも安静な環境で過ごしましょう。