だいたいでいいじゃない

上の子+双子の育児をしています。

アイスの持ち歩き時間を長くする3つの方法!ドライアイスなしでも☆

毎日くっそ暑いですね…。

(暑くてイライラして口が悪いです)

 

適切に冷房を使用しましょう!とは言われていますが、私は家(部屋)に自分一人でいる時はついつい節約のために扇風機だけでしのいでいます。

 

たまの休みの時くらい快適に過ごせばいいのにね( ;∀;)

夫は一人でもガンガンつけてるのにね( ;∀;)

 

でも、そんな私を癒してくれるのがアイスですよ。

 

ないと困るので、この暑い中アイスを買いに行くのですが、アイスを持ち歩きする際、どうすれば溶けずに保存できるのかな?とずっと思っていました。

 

やっぱりドライアイスは必須?なくてもOK?

ていうかドライアイスをもらえるような高級アイス買ってない!

 

でも実は、ある身近なものが保冷に役立つということを、近所の駄菓子屋さんで教えてもらいました^^

今回はアイスの持ち歩き時間を長くする、とっておきの方法を紹介します。

 

アイス持ち運び、夏は1時間だと溶けちゃう?

f:id:kome-3:20180713223952j:plain

夏場だと、アイスはもう数分で溶けてしまうでしょう。

5分くらいならなんとか持つかも知れませんが、出来る限り早く食べてしまうか、冷凍庫に入れておかないとすぐに溶けてしまいます。

 

もし近所のスーパーからアイスを買って帰るのなら、生鮮食品を買った時にサービスでもらう氷を一緒に入れておいた方が安心ですよ。

もし夏場にアイスを持ち歩きするなら、保冷剤かドライアイスを一緒に入れておけば、30分~1時間くらいは溶けないかな。

 

 

アイスの持ち歩き時間って冬だとどのくらい?

季節は変わりますが、冬でも屋内は暖房が効いていることが多いので、やっぱり油断できません。 

だいたい10分も経てば溶けだしてしまうので、やっぱりドライアイスや保冷剤が必須ですね。

 

ちなみに、保冷剤や氷はアイスが溶けない温度を保つのではなく、あくまでアイスが溶けていくのを遅らせる効果しかありません。

つまり、保冷剤や氷だけでは、ゆっくりとですが、どんどんアイスは溶けていってしまうんですね。 

 

では結局、アイスを持ち歩くのでしたら、一体どんな方法が良いんでしょうか?

 

 

アイスクリーム運搬方法・ドライアイスなしの場合も!

f:id:kome-3:20180713224009j:plain

アイスクリームを溶かさずに持ち歩きするのでしたら、以下の3つのうちどれかの方法で、運搬すると良いですよ。 

 

・保冷バッグ+保冷剤

アイスを買ったら、すぐに保冷剤を詰めた保冷バッグかクーラーボックスに入れてしまいましょう。 

でも出来れば、保冷バッグよりもクーラーボックスに入れた方が効果は高いですよ。

保冷剤もお弁当用の小さなものでしたら、3個くらいは入れておくと良いでしょう。

 

・保冷バッグ+ドライアイス

アイスの持ち歩きに最適なのはやっぱりドライアイスですね。

ドライアイスなら氷点下の温度でアイスクリームを冷やせるので、溶ける心配もありません。 

しかもドライアイスって、溶けるまでに4時間ぐらいかかるんですよね。

 

これならアイスクリームを真夏に持ち歩きしても安心!

 

ただし、効果を上げるためにも、ドライアイスは保冷バッグに入れて、アイスクリームを保存しましょう。 

 

・保冷バッグ+保冷剤+新聞紙

ドライアイスってなかなか手に入りづらいですよね。

そこで私がお店の人に聞いた方法は、アイスと保冷剤を一緒に新聞紙で包んで、保冷バッグに入れておくというもの。 

 

実は新聞紙でアイスを包むと、冷気が外に逃げにくくなるんですよ。

この方法でだいたい3~4時間はアイスクリームを保管できます。

 

ちなみに、ドライアイスも新聞紙で包むと更に溶けにくくなりますよ!

  

身近にある新聞紙ですが、まさか保冷効果を高めてくれるとは思いませんでした。

アイスキャンデー(果汁などを凍らせたもの)だと、さらに溶けにくいですね。

ちょっとの距離であれば、保冷バッグ+新聞紙でも十分でしたよ!

アイスキャンデーは、夏でなければ、新聞紙でくるむだけでも1時間くらい大丈夫だそうです。

 

ドライアイスがない時は、ぜひアイスクリームと保冷剤を新聞紙で巻いて持ち歩きましょう。  

 

まとめ

アイスクリームを持ち歩く場合は、最低でも保冷バッグかクーラーボックスと保冷剤が必要です。

でも、保冷剤だとアイスが溶けるスピードを遅くするだけなので、出来ればドライアイスでアイスクリームを冷やしておくと良いですよ。 

もしくは、保冷剤とアイスクリームを新聞紙で包み、保冷バッグに入れて持ち歩きましょう。

 

・・・こんな風にアイスを買ってきてはしょっちゅう食べているので、多分電気代より高くついていますね。

気にしない・・・。